toggle
2016-02-13

ストーリー・セラー/有川浩〜書ける側の人間になれなかった人〜

Share

話が気になって、気になってしょうがない小説。

 

なかなか出会えないのだけど、久しぶりに出逢えました。

 

会社行く電車の中で読み始めて、続きが気になって、

昼休憩にカフェで読んで、会社から帰る電車でまた読んで

家に着いてからも、ダイニングテーブルで一気に読んだ。

 

ほんと、有川先生素敵な文章書くなぁ。

 

物語はSideA、SideBに分かれているのだけど、

恋愛が始まって結婚するまでの経緯が両方とも素敵過ぎて

きっと昔から読書好きで、一度でも小説書いてみようと思って

書けなかった私のような「ザ・ボンジン」は、ドンピシャでグッとくると思う。

 

そしてこの話に出てくるような素敵な男と出逢いたいよ。

 

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)

 

 

が。

 

小説はいろいろ読んできたはずなのに私の理解力が無かったのか、

SideA、SideBのストーリーの入れ子が繋がっているのかが、

読み取れなくて…

読んだ後にGoogle先生に教えてもらうハメに。

 

 

 

それで知った事実…

 

有川浩先生は、男ではなく女だった。

何冊も読んだ事あるのに、ずーっとダンディな男性作家像を

勝手に思い浮かべてました…

Share
関連記事