toggle
2016-04-28

フツーの女子がアナログレコードを聴くには?

Share

ちょっと前にアナログレコードを日本で流行らせるには、フツーの女子に興味を持たせればいいんじゃないか?ということを書きました。

その為にはどうしたら良いのだろう?とちょっと考えてみました。

 

レコード女子流行のパンケーキ屋に並ぶようにアナログレコードを楽しむレコ女達
最近よく見る、アメリカでのアナログレコード復活のニュースを読んで 日本ではどうなんだろうと考えています。 photo by:otaiweb ...

 

いろいろ考えてみましたが、アナログレコードって一度終わったメディアなので、再熱のためには結構課題があるなと。

  1. 生産コスト
  2. プレイヤー
  3. コンテンツ
  4. 販売チャネル

1.生産コスト

現状日本で、レコードプレスの会社は東洋化成1社です。

www.toyokasei.co.jp

東洋化成はここ数年、発注が急増して嬉しい悲鳴のようですが、現状LPをリリースしようとすると、CDアルバムより高額の4000円〜5000円になってしまいます。

 

QRATESは、日本製ではなく、チェコでのプレスになりますが、100枚からオーダーできます。また、クラウドファンディング機能もあるので、在庫リスク無しで生産することが可能です。

qrates.com

こういうサービスが増えてきたり、もっと良いのは、テクノロジーと上手く融合して、日本でクラウドソーシングとかで手軽にレコードをプレスできるとコストも下がってくるのではないでしょうか。(そもそもカッティングマシンが生産されてない!などの課題もありそうですが)

 

2.プレイヤー

これが一番の課題です。持ってないですよね、普通。最近は1万円前後で可愛いプレイヤーが出ています。

 

きゅん。スピーカー内蔵式だし、正直音は良くないけれど、まずは聴ければよいかと。ただ、普通に女子がいきなりプレーヤーを買うことは無いので、まずはいかにプレーヤーを体験させるか?が重要かと思います。

 

3.コンテンツ

なかなか、普通の女子だとディスクユニオンにレコード堀りになんて行かないでしょう。となると、普段聴くアーティストがアナログを出してくれる・・・という状況が必要になってきます。

YELLOW DANCER (Analog) [Analog]

YELLOW DANCER (Analog) [Analog]

 

 

Perfume Complete“LP

Perfume Complete“LP”BOX (5作品セット、収納BOX付)(アナログ盤・完全受注生産) [Analog]

 

 このあたりが、せめてCDアルバム同等くらいの価格で出てくるといいんですが、先ほどの生産コストの課題もあり、改善が必要になりそうです。先ほどのQRATESのようにもっとみんなが見るWEBサイトで、人気アーティストのアナログ盤が手軽にクラウドファンディングで発注できるだけでも、盛り上がりも違って来そうです。

 

4.販売チャネル

レコードを聴いて欲しい人がレコード屋に行かない問題。例えば、LUMINEやPARCOのファッションビル、ファッションブランド点、カフェなど・・・普段行くライフスタイルの中に、アナログレコード文化が入り込むことができれば、もっとユーザー層を拡大できるのではないかと思います。

f:id:gakoara:20160428014529j:plain

photo by:Unsplash

 

いろいろ課題はありますが、流行っている空気が世の中に出てくれば、これらはある意味勝手に解決されていく課題でもあります。

 

なんか仕掛けたいなぁ。

 

Share
関連記事