toggle
2016-05-08

CONNECTONE NIGHT VOL.1に思うこれからの音楽レーベルの意味

Share

MusicmanNetのインタビューを見て、気になっていたビクターのレーベルイベントCONNECTONE NIGHT VOL.1に行ってきました。

 

www.musicman-net.com

 

CONNECTONEに興味を持ったのは上記インタビューにあったビジネスモデルの話から。

—— 資料によると、CONNECTONEでは契約において「ジョイントベンチャー型」と「権利・収益相互乗り入れ型」、「レーベル・事務所 兼任型」の3タイプで行っていくということですが。

高木: CONNECTONEは「一人勝ちではなく、割り勘」というのをキャッチコピーの一つにしています。例えば、CONNECTONE 第一弾新人アーティストとして先日4月8日にデビューしたAwesome City Club(オーサムシティークラブ、以下 ACC)の場合は「ジョイントベンチャー型」でやっていて、マネージメントのタイスケさん、出版のフジパシフィックミュージックさん、そして我々の間で「究極の割り勘スタイル」で取り組んでいます。音源はもちろん、ライヴやグッズや著作権等、アーティストから発生する全ての売上と経費と損益を三等分して、ガラス張りで共有しながら運営しています。

 

今、レコード会社はCDが売れないので、いわゆるマネジメント機能も含めた360度契約をする形でアーティストの囲い込みにシフトしています。(そうすれば、ライブ収益やグッズ売上も入ってくるので)

しかしながら、マネジメントをレコード会社が行うには、リソース(人材・ノウハウ)も必要だし売れるか売れないかわからないので、コストばっかりかさんでしまうリスクもあります。CONNECTONEで実施しているジョイントベンチャー(JV)型っていうのは、面白いなと思いました。IT業界等では、JVをプロジェクト単位でやってしまうくらい当たり前ですし、音楽も小さいながらもこのような取り組みをしていったら面白いなと。

 

レーベルで音楽を聞くリスナーはいるのか?

今一番熱いレーベルunBORDE

日本で今一番、レーベルとしての立ち位置を確立しているのは、コカ・コーラとのタッグで創立5周年記念フェス開催したワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル「unBORDE」でしょう。

神聖かまってちゃん、きゃりーぱみゅぱみゅ、ゲスの極み乙女。、チームしゃちほこなど、バンド、ソロシンガー、アイドルまで幅広く個性的なアーティストを集め、5年かけて、レーベルとしての立ち位置を確立していったなと思います。

5th.unborde.com

 

「○○レーベルだからこの曲聴いてみよう」となる人はなかなかいないと思います。でもunBORDEは名前ははっきり知らなくても、「ゲスとかきゃりーが所属してるところでしょ?なんか面白そう」という立ち位置になってきたと思います。

それにしても、マーケティングの最高峰の会社、コカ・コーラとタッグを組めるのは本当にすごいな。1アーティストで何10万枚売るのが難しい時代、「レーベル」で括って団体戦で臨むというのも、これからの取り組み方なのかなと思います。

 

CONNECTONE NIGHT VOL.1出演者

超無名新人も出演。これからが楽しみなレーベル

コネクトーンのアーティストはまだまだ世間的には無名なんですが、どのアーティストもライブが素晴らしかったので紹介します。

 

■出演アーティスト

[オープニングアクト]Art Bulding

www.youtube.com

YouTubeにライブ動画もアップされてない、鹿児島のバンド。音源よりライブがよかったです。バンド名通り、演奏しだすといきなり世界観ができる感じ。

 

ぼくのりりっくのぼうよみ


ぼくのりりっくのぼうよみ – 「Sunrise(re-build)」ミュージックビデオ

去年話題になったぼくりり。まだライブは超素人感満載でしたけど、女子高生の黄色い声援が。ああいうおぼこい男の子がラップやるのっていいですね。大人になって擦れないで〜って、女子心くすぐります。

 

THE THROTTLE

www.youtube.com

サムライロックンロールw好き嫌いが分かれますが、ライブパフォーマンスの勢いすごい。

 

Awesome City Club

www.youtube.com

男女ツインボーカルバンド。男性ボーカルメインの曲と女性ボーカルメインの曲で全然雰囲気違う。爽やかだよ〜ビールのCMソングにしよう。

 

sympathy

www.youtube.com

MVよりビジュアルよかった。可愛い。メンバーが高知、京都、東京住まいで遠距離バンドだと。ライブを重ねて成長していって欲しい。

 

SANABAGUN.

www.youtube.com

全員平成生まれとな。ブラス×HIPHOPの超かっこいいライブパフォーマンス!

絶対ライブで観ましょう!といいたい。

 

RHYMESTER

www.youtube.com

 

現在はバンド中心のようですが、ずっと聴いていて飽きなかったし、これから育てていこうというアーティストが集まっているなと、レーベルの心意気を感じました。

 

今回のイベントにVOL.1とついているので、これから回数を重ねていくのでしょう。CDリリース主体ではなく、ライブイベントをレーベル単位で重ねて、成長していったら面白いだろうなと思います。

 

「レーベル買い」をさせられるよう、成長していくか?これからが楽しみです。

 

CONNECTONE / JVCKENWOOD Victor Entertainment

Share
関連記事