toggle
2016-05-15

先週気になったデジタル×エンタメニュースBEST3(2016/5/9〜5/15)

Share

気になったデジタル×エンタメニュースを勝手に紹介し、感じた事を勝手にを述べるこのシリーズ。役立つか不明ですが、ああ、こんなニュースあったなぁという形で、振り返りになれば幸いです。

 

第3位 Apple Musicに対抗。Spotifyがオリジナル動画コンテンツ制作を発表

 

f:id:gakoara:20160515164357p:plain

www.gizmodo.jp

未だ日本ではサービス提供されていない(夏頃にされる予定だそうですが)Spotifyですが、グローバルでは3000万人の有料会員を突破しています。過去記事はこちら

 

発表されたのは、音楽がメインテーマの動画を12作品制作するということで、「Landmark」という、音楽史で大きな意味をもつ瞬間にフォーカスしたシリーズで

The Beach Boysのアルバム「Pet Sounds」を取り上げたものとMetallicaについて取り上げたものは既に制作済みとのことです。

また「Rush Hour」というシリーズでは、2人のヒップホップアーティストが音楽でコラボするそうです。なお動画は有料会員・無料会員ともに視聴可能だそうです。

 

AppleMusicの有料会員がグローバルで1300万人突破と発表されました(2016年4月末時点)が、音楽好きユーザーを早くから取り込んできたSpotifyとしては、ただの音楽ストリーミングサービスではなく、音楽を楽しむコミュニティを強化できそうなこの戦略は、当然の対策と言えそうですね。

 

Pet Sounds

Pet Sounds

 

 

第2位 “100万再生”を超えるYouTube動画傾向分析

www.metaps.com

 

このニュースで感じたのは、YouTuber全然楽じゃねー!!ってことです。

YouTubeで100万再生されている動画の傾向分析結果をサマると

  • 73.7%がYouTuber 制作動画
  • YouTuber動画の長さは4分前後が最も多い
  • 配信時間は18時〜20時
  • 100万再生が5本以上あるチャンネルは平均週6配信

 

動画作成って地味に大変じゃないですか、撮影して、切り貼りして、字幕つけて…それを毎日18時〜20時にアップしないとってことは、それまでの時間を撮影&収録にとられるわけです。毎日常に締め切りに追われてる感じですね。

やっぱり多くの人に視聴されるチャンネルというのは、それだけ毎日努力の継続が必要。何事も人を集めるというのは簡単ではないなぁ。

 

第1位 THE YELLOW MONKEY、再結成の瞬間を100万人が目撃!

ro69.jp

やはり1位はこちらのニュースでしょう!(デジタル×エンタメではないですね、すみません)30代〜の皆さんはドキドキしてこの日を待ちわびていた人も多いと思います。

今回の再結成に向けての企画で、5月11日の再結成の瞬間、1曲目の演奏曲当てクイズというのをやっていて、その正解発表として1曲目をスマートフォンやCS、街頭ビジョンで生中継されました。

 

一昔前までは、会場にいる人しか楽しめなかったライブ中継が、こうやって再結成の瞬間を、スマホを介すことで100万人もの人ががそれぞれの場所で感じることができるようになったのは、現在ならではですね。

f:id:gakoara:20160515181424j:plain

photo by:LINELIVEのキャプチャー

 

ちなみに、1曲目は解散前最後のシングルでライブ初披露となった「プライマル。」でした。私も別会場でライブに参戦予定なので、今から楽しみで仕方ないです。

 

【生中継日時】
2016年5月11日(水)19:00

【テレビ】
・BSスカパー
・MTV HD
・MUSIC ON! TV(エムオン!)HD
・フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
・スペースシャワーTV
・ミュージック・エア

【スマートフォン/PC】
・AbemaTV
・GYAO!
・スカパー!オンデマンド
・スペシャアプリ
・ニコニコ生放送
・フジテレビNEXT smart
・LINE LIVE

【ラジオ】
・J-WAVE 81.3FM(東京)
・FM802(大阪)

【街頭ビジョン】
・札幌・メガビジョン4プラ
・東京・ユニカビジョン(新宿)
・名古屋・インタービジョン(栄)
・大阪・トンボリステーション(道頓堀)
・他2ビジョン

【特設ビジョン】
・国立代々木競技場 第一体育館 原宿プラザ 特設大型スクリーン

THE YELLOW MONKEY | ザ・イエロー・モンキー オフィシャルサイトより

 

イエモンのプロモーションについては、若い世代を取り込む施策や、ファンクラブ施策を上手く活用されていて別途記事にしてみたいと思います。

Share
関連記事