toggle
2016-05-27

360度動画のテレビ局を目指す「360Channel」とは?

Share

360Channel社が5月26日360度動画配信サービス「360Channel(サンロクマルチャンネル)」をサービスインしました。

japan.cnet.com

f:id:gakoara:20160527002702p:plain

photo by:360Channelページキャプチャ

スマホゲーム社のVR領域投資が進む

360Channel社とはコロプラの子会社です。コロプラはVRゲームのリリースをはじめ、投資会社「Colopl VR Fund」の設立などVR領域に積極的に取り組んでいます。

先日GREEもフジテレビとVR領域の共同プロジェクト「F×G VR WORKS(仮)」の開始を発表していましたが、競争の激しいスマホゲーム業界において、VRは注目領域であり、いち早く取り組むべき領域と考えられているようです。

Oculus RiftとGear VRに対応

サービス開始時に利用できるHMD型VRシステムは「Oculus Rift」と「Gear VR」の2種ですが、今後対応システムを増やすとのことです。

今後は他社コンテンツも配信しプラットホーム化

現状360Channelではバラエティ、旅行、ライブ、パフォーマンス、体験、ドキュメンタリー6つのカテゴリーで20以上のコンテンツが揃っており、ANAの機体工場見学やお笑いコンビチュートリアルのバラエティー企画番組が提供されています。

当面は自社コンテンツを配信していくとのことですが、他社コンテンツの配信も視野に入れているとのことです。

VRの特性上、外でスマホで手軽に見るというよりは、家でゆっくりとVRの世界に没入するような利用イメージなので、一体どんなコンテンツが人気になるのか、気になるところです。まずは、ユーザーにVRを楽しむ習慣を与えられるかが、360Channelの成功のカギになりそうですね。

Share
関連記事