toggle
2016-09-01

【活動報告】デジタルコンテンツ白書2016が発売!(音楽部分の執筆に参加)

Share

いきなりですが、活動報告させて頂きます。2016年9月1日に発刊になった『デジタルコンテンツ白書2016』の音楽産業部分の執筆にニューミドルマン研究会として参加させていただきました。

デジタルコンテンツ白書2016

デジタルコンテンツ白書とは一般財団法人デジタルコンテンツ協会が年に1回発行する業界誌です。インターネット業界の人であれば、会社で購入していて、見た事がある!という人もいらっしゃるかもしれません。私も今まで勤務していた会社ではデジタルコンテンツ白書を毎年購入していて、業界動向を知るために使っていたので、その執筆に自分が参加できるようになるとは、なんだか不思議な感じです。

『デジタルコンテンツ白書2016』目次

『デジタルコンテンツ白書2016』
監修:経済産業省 商務情報政策局
編集・発行:一般財団法人デジタルコンテンツ協会

第1章 特集 映像コンテンツビジネスのパラダイムシフト
境 治(メディアコンサルタント)

第2章 日本のコンテンツ産業の市場動向
日本のコンテンツ産業の市場規模/コンテンツをめぐる法的環境の最新動向(デジタルコンテンツ協会)

第3章 日本のコンテンツ産業政策
(経済産業省 商務情報政策局 文化情報関連産業課)
第4章 コンテンツの分野別動向
1. マンガ(中野 晴行 京都精華大学マンガ学部 客員教授 ライター/マンガ産業アナリスト)
2. アニメーション(数土 直志 ジャーナリスト)
3. 映画(掛尾 良夫 城西国際大学メディア学部 客員教授/㈱キネマ旬報社 顧問)
4. 音楽(山口 哲一 ㈱バグ・コーポレーション 代表取締役+ニューミドルマン研究会)
5. ゲーム(平林 久和 ㈱インターラクト 代表取締役/ゲームアナリスト)
6. オンラインゲーム(川口 洋司 (一社)日本オンラインゲーム協会 事務局長/㈱コラボ 代表取締役)
7. ライブエンターテインメント(笹井 裕子 ぴあ株式会社 ぴあ総研 所長)

第5章メディアの分野別動向
1. ソーシャルメディア(濱野 智史 ネットイヤークラフト㈱ リサーチャー/情報環境研究者)
2. モバイルサービス(木暮 祐一 公立大学法人青森公立大学 准教授)
3. 放送(砂川 浩慶 立教大学社会学部メディア社会学科 教授)
4. 新聞(伊藤 高史 同志社大学社会学部 教授)
5. 出版(星野 渉 ㈱文化通信社 常務取締役編集長/NPO法人本の学校 理事長/日本出版学会 副会長

第6章 海外動向
1. アメリカ(海部正樹 ㈱WOWMAX 代表取締役社長)
2. オーストラリア(小野 憲史 ゲームジャーナリスト)
3. 中国(中村彰憲 立命館大学映像学部 教授)
4. 韓国(趙章恩 ITジャーナリスト)
5. インドネシア(津田 正利 ㈱エムニド 代表取締役)

資料編コンテンツ産業統計資料/
ヒットコンテンツ2015レビュー/2009年~2014年のヒットコンテンツ ほか

音楽業界動向について

2015年の音楽業界動向が総括できるのはもちろん、ストリーミング元年と言われた結果のまとめ、最近転売NO宣言で話題になったチケット2次流通問題、海外進出やテクノロジーとの関係など、業界を幅広く知る事ができる内容となっています。もしも、オフラインで音楽部分の解説イベント等があるようでしたら、お知らせさせていただきます。

目次にもあるように、音楽だけでなく、映像、マンガ、アニメ、ゲーム、そして海外動向等…さまざまなエンターテインメントに関わる方々に役立つと思います。私も携帯キャリアで戦略を担当していた時は、業界動向をまとめるのにこの白書データが重宝していました。個人で買うには、12,000円と少しお高いですが、大きめな書店でしたら置いてあると思うので、是非お手に取ってみてください!

以上、活動報告&宣伝でした。

Share
関連記事