toggle
2016-06-20

先週気になったデジタル×エンタメニュースBEST3(2016/6/13〜6/19)

Share

先週気になったデジタル×エンタメニュースをご紹介します。

第3位 ニコニコチャンネルの有料登録者が50万人に


動画共有サービス「noconico」内のサービス、ニコニコチャンネルの有料登録者数が50万人になったニュース。「ニコニコチャンネル」とは、企業や団体、ユーザーが「チャンネル」を開設し、そのチャンネル内で動画や生放送、記事コンテンツを配信できるプラットフォームのことです。発表内容をまとめると
    

  • ニコニコチャンネルの有料登録者数が2016年5月末の時点で50万人を突破
  • 開設チャンネル数は7,785チャンネル(うち、有料は965チャンネル)
  • 上位5チャンネルの平均年間売上額1億円台
  • 上位100チャンネルの平均年間収益受取額
  • ・10位以上が6,477万3,909円
    ・30位以上が3,891万7,143円
    ・50位以上が2,857万7,760円
    ・100位以上が1,857万9,311円
    上位100位以上で月間約150万円の収益となりますね。

    ・有料登録者数上位30チャンネル
    nicochannel01
    有料登録者数上位30チャンネルのジャンルを見ると、アイドルマスターだったり、ゲームだったりが多いですが、週刊文春だったり、プロレスだったりも入っています。ニコニコチャンネルですが、実は開設して過疎ってしまっているチャンネルも沢山あります。コンテンツ提供主が、どれだけオリジナリティのあるコンテンツを更新し続けられるか?が収益化の分岐点になりそうです。

    第2位 Twitterが音楽共有サービスSoundCloudに7000万ドルの出資

    Twitterの戦略って自分達では音楽をやらず、音楽に強い企業と連携を組む事だろうと思っています。(Twitterも過去に、「#Music」という音楽サービスを手がけ、失敗に終わっています)先日もSpotifyとの連携でタイムライン上でSpotifyの楽曲試聴が可能になりました。

    SoudCloudと言えば、インディーズを中心にプロのミュージシャンも含めて登録ユーザー数は約40万人、月間リスナーは約2億人(2013年7月の時点)の巨大音楽共有サービスですが、ずっと赤字だと言われています。SoundCloudは今年3月に月額9.99ドルの有料オプションSoundCloud Goをサービスインしたばかりなので、ここで事業を黒字化できるかどうかが、SoundCloud存続のカギになりそうです。

    両社が上手くタッグを組み、SoundCloud収益化とTwitterユーザーの増加に貢献できるか?注目したいところです。

    第1位 Playstation VR、初期出荷は品薄になる見込みとソニーが予告

    遂に、VRの一般家庭への普及が期待されますね。VRのヘッドセットっは、SumsungやHTCが出していますが、映像コンテンツを楽しむには、それぞれAndroidのスマホが必要です。その点で日本での爆発的な普及は難しいのではと思います。(レジャー施設等でしたらありだと思うのですが)

    Playstationのプラットホームなら、ゲーム好きが取り込めますし、何よりみんな大好きSony製なので、ぜひともいいコンテンツが揃って、一般的なムーブメントになって欲しいです。

    ・Playstation VRコンセプト映像

    このニュースを1位にした理由なんですが、私、Playstation VR予約できたんです。頑張って、店頭に徹夜で並んだワケでもなく、ヨドバシ.comでたまたま運良く・・・ちょっとした優越感に浸りたくて1位にしました。
    10月に実物を手にしたら、使い心地や感想などブログで記事にしたいと思います!

    Share
    関連記事