toggle
2016-09-01

LINE着うたはLINE MUSIC有料会員増の起爆剤になるか?

Share

2016年8月17日にサービス開始した「LINE着うた®」。サービス開始1週間で呼出音の設定数が100万件を突破したとのニュースがありました。


「LINE着うた®」は、1,800万曲以上のLINE MUSIC収録曲の中から自分の好きな楽曲を、無料通話をかけてきた相手に聞かせることができる“呼出音”設定サービス。LINE MUSICの最大の強みである、巨大コミュニケーションプラットホームLINEとの連携です。

呼び出し音を設定するには、LINE MUSICのベーシックプラン(20時間/30日間有効/月額500円・学割300円)またはプレミアムプラン(無制限/30日間有効/月額960円・学割600円)の加入が必要であるため、この呼び出し音設定サービスがLINE MUSICの有料課金ユーザー増加のきっかけになるかが注目されるところです。

呼び出し音設定ランキング

8/17〜23日の週間ランキングはこちら。
ランキングLINE呼び出し音
LINE株式会社プレスリリースより
月9の主題歌JY (元KARAのジヨン)『好きな人がいること』が1位です。月9主題歌が設定数1位というのが、ガラケー時代の着うたランキングと似たような感じで懐かしい光景です。

・JY 『好きな人がいること』Music Video Short Ver.

ただしまだ、無料キャンペーン期間中です!

呼び出し音の設定数、リリース1週間で100万件突破!というと、すごい数字だなぁと思いますが…実は、LINE MUSICの有料プランに加入していない人でも、「LINE着うた®」の呼出音を30日間無料で設定することができるリリース記念キャンペーンを実施しています。

LINEミュージック
▲LINE着うたリリース日のLINE通知キャプチャ

LINE着うたのリリース当日に、LINE MUSICからキャンペーンのお知らせLINEがあったので、これをきっかけに設定数を増やしていると思われます。

LINE MUISCサービス自体は、2016年3月に累計ダウンロード数が1,000万件を突破したとリリースしています。ただし、特に10代・20代ユーザーを多く抱えるため、30日の無料お試し期間が終了した後の課金コースへの移行に苦労していると思われます。本当の勝負は、無料キャンペーンの終了後、9月16日以降に課金ユーザーが何%残っているか…でしょう。

とはいえ、LINEの強みであるコミュニケーションプラットホームを使い、「ソーシャル×音楽」で音楽ユーザーを増やしていく施策にこれからも期待したいところです!

Share
関連記事