toggle
2016-08-12

映像×音楽 イベント「VRDG+H」それはアートか?エンタメか?

Share

8月11日にDMM VR THEATERで開催された最新テクノロジーによる映像×音楽のイベントの第3弾「VRDG+H」を観てきました。映像業界、音楽業界界隈の方々にはTwitter等で絶賛されていたこのイベント。今回はちょっと違った視点(穿った視点と思われたらごめんなさい…)で考えてみたいと思います。

VRシアターとは?

横浜にあるDMM VR THEATERは、肉眼で鑑賞できる、ホログラム投影装置をそなえたシアターホールです。
DMMVRシアター
ステージの床面に映像を投影し、その映像がステージ上のハーフミラー性のスクリーンに反射することで、映像が浮かんでいるように見えるという仕掛けです。

業界人多い雰囲気… #VRDGH #vr #movie #music #vrdgh

gakoさん(@gakoara)が投稿した動画 –


こんな感じで、ステージ上に映像が浮かんでいるように見えます。

VRDG+H #3公演概要

VRDG+Hは、サカナクションやKANA-BOONが所属するプロダクションHIP LAND MUSICが立ち上げたクリエイティブ・ディビジョン「INT」とオーディオビジュアル表現のプラットフォーム「BRDG」とのコラボレーションイベントです。

『VRDG+H #3』
日時:8月11日 (木・祝)
   Day – Open:13:00 / Start:14:00
   Night – Open:18:00 / Start:19:00
会場:DMM VR THEATER ( http://www.dmm.com/theater/index.html )
主催:HIP LAND MUSIC CORPORATION
企画・制作:HIP LAND MUSIC CORPORATION / BRDG
協力:DMM.futureworks
チケット:前売り¥3,800(ドリンク代¥500別) 当日券未定

出演:
北千住デザイン × DE DE MOUSE
大橋史 with kazami suzuki x Tomggg ft. ボンジュール鈴木
Kezzardrix × Ray Kunimoto
Keijiro Takahashi × DUB-Russell

・北千住デザイン × DE DE MOUSE

play中😄 #VRDGH #vr #movie #theater #dmmvrtheater

gakoさん(@gakoara)が投稿した動画 –


▲公演中私がiPhoneで撮影
会場は、私の知り合いの音楽業界の方も何人か来ていましたし、Twitterを見る限り、映像クリエーター界隈、VRに興味のある方が多い感じでした。あと髪の色が普通の茶髪ではない、オシャレ女子が多かったです。

新しい表現の課題。それはアートか?エンターテインメントか?

このような新しい試みの公演は、デジタルアートを学んでいる人、クリエイター、新技術が好きな人であれば、ある程度楽しめると思います。今回、私は出演者のバックグラウンドもどんな作風かも知らずにふらっと参加しました。こういう場合、ステージで表現された「ライブ」を観て、聴いて、その場で作品を感じる事になります。DTMのエレクトロ感、身体に響いてくる音響、それと融合する映像…その中で描き出されるストーリーが感じ取れないことがあり、正直、単調・難解に感じてしまうこともありました。

・VRDG+H第2回

▲YouTubeより
音楽業界にいて、エンターテインメント×テクノロジーを提唱している私でさえ、このように感じるので、それが一般ユーザーになったらどうでしょうか?アーティストが伝えようとしていることが、感じ取れないと、ユーザーは置いてきぼりになってしまいます。アートであれば、それは正解と言えるでしょう。ただ、エンターテインメントとして商業的にユーザーを満足させると考えた場合、まだまだ表現に課題があるのかなと感じました。お客様にドリンク代入れて4,300円払ってもらう訳ですし。

このようにテクノロジーを使った新しい表現への試みはどんどんやっていくべきだし、本当に素晴らしいと思います。エンターテインメントとして公演する場合は、そこにいるお客様を満足させることを前提にしなければなりません。アートか?エンターテインメントか?その境界の難しさを感じたイベントでした。

Share
関連記事